レンタルサーバー
BIG-server.com

簡単・はやい・大容量・どんな目的にもマッチするレンタルサーバー

HOME プライス お見積もり・プラン選択 お申し込み ユーザーサポート お問い合わせ

【カエルさんが】GhostBSDというのを触ってみましたよ【ゲロゲーロ】

第313日目:【カエルさんが】GhostBSDというのを触ってみましたよ【ゲロゲーロ】

【追記5 2012/05/07 15:30】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、GWは雨模様で残念な結果になっていました。札幌では早咲きの桜が
花びらを落として残念な状況になっています。唯一の救いは遅咲きの桜が
ようやくつぼみ状態になっていて、お日様が出れば一斉に咲く事でしょう。
何とかこの週末にちゃんとしたお花見ができればなあ、と思っていたりします。

▲('A`)の手元に先日世に出たIvy Bridgeのi7無印くん(i7 3770)がやってきまして、、、
今社内でくみ上げてベンチを走らせているところです。
次回の日記でその結果をご報告できると思いますので、お待ちください。
(実は今回はベンチを走らせている状況でCPU温度を計測していたりします。
その方法についても次回の日記で書きますね。)
今回は330シリーズのSSDも手に入ったので色々試そうかなあと思っています。
それでは、また!▲('A`)/

【追記4 2012/05/01 17:30】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、今日ですね、札幌では予定より早く桜の開花が報告されました。
昨日くらいから大通公園の4丁目とかにある桜が花を咲かせているのを
見かけまして。。。(昨日は札幌で夏日を記録したのです・・・)
別件ですが、今日久しぶりにApache関連のサイトを徘徊していたら
mod_perlの新しいバージョン(2.0.6)が公開されていました。
(Downloadページ中のChangesあたりを見ると今回のバージョンについて詳細が
判るかもです。英語ですけど・・・)
さてさて、この日曜日にはIvy Bridgeの発売があって札幌のPCショップでは
宣伝していましたねえ・・・
(熱問題が言われていますけど、ね。。。)
今日は会社の帰りに札幌駅周辺を徘徊しようかな、どうしようかな。
それとも夜桜を見に行くかな?
それでは、また!▲('A`)/

【追記3 2012/04/27 17:40】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、明日からGW週間が始まるので、社内では色々とドタバタしています。
で、久しぶりにPHP本家サイトを見に行ったら、新しいバージョン(5.3.11と5.4.1)が
公開されていました。(ダウンロードはこちらから)
さっそくダウンロードしてこれから社内で動かしてみる予定です。

それでは、また!▲('A`)/

【追記2 2012/04/23 17:30】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、GhostBSD(LXDE版)の日本語化に挑戦してみたいのですが、、、
うまくいきません。FreeBSD + LXDEの時の方法だとうまく日本語に
切り替わってくれません。
おそらくXの設定ファイルが通常とは違う構成(場所?)にあって
読み込まれないんだと思います。
ちょっと残念です・・・期待させてすみませんでした。。。

それでは、また!▲('A`)/

【追記 2012/04/23 16:30】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、さっき社内サーバでFreeBSD + LXDEで日本語環境を作るのに成功しました。
で、それを応用してGhostBSD(LXDE版)の日本語化に挑戦しようと思います。
まあ、ある意味コンソールでrootになって設定ファイルを手動で弄って、という
力技になると思いますけど、ね。
方法がまとまったら追記か付録という形でお知らせしますので、お待ちを。

それでは、また!▲('A`)/

↓ 本編はこちらです。

(2012/04/23 13:45)
ども、ども、▲('A`)/です。

えーと、最近はFreeBSDでデスクトップ環境を作っているのですが、
FreeBSDベースでのデスクトップ用OSとしてはPC-BSDが有名です。
わざわざFreeBSDで環境作らなくてもそっち使えばいいじゃない?と
言われるかもしれませんが、PC-BSDはデスクトップ環境はKDEを
標準にしています。何かPC-BSDだとKDEがベースなので、一瞬
「RedHatか?」と錯覚を起こしたりするのです。
(GNOMEやXfceをインストールして入れ替える事もできますけどね。。。)

ある日、BSDmagazineを読んでいたら(全編英語なんですけどね、、、)
今年の3月号にGhostBSDというディストリビューションの紹介記事が
書かれていました。
名前の通り、GNOMEをベースにしたデスクトップ用のOSです。
(GNOME版とLXDE版の2種類が提供されていて、今年(2012年)の2月に
新しいバージョン(2.5)が公開されました。)
FreeBSDの9.0-RELEASEを元に作られています。
面白そうだなあと思って、さっそくdokuo号にインストールしてみました。

今回インストールしたのはGhostBSD 2.5(Gnome版 amd64)です。
(何でGnome版を選んだかと言うと、後述しますが日本語化の所で
LXDE版だとうまくいかなかったからです・・・)
サイトに行くと判るのですが、インストール用イメージ、というか
LiveCDイメージなのですけど、DVDとUSBメモリ用の2種類があります。
(各イメージはこちらからダウンロードできます。)
・DVDイメージ(.ISO)
 GNOME版 約1.11GB
 LXDE版 約681MB
・USBメモリ(.img)
 GNOME版 約1.46GB
 LXDE版 約800MB

今回も画像てんこ盛りになってしまうかもしれませんが、ご容赦を・・・
まずは起動の所です。いつものFreeBSDのロゴの代わりにアスキーアートで
画像01の様にカエルさんの絵が出ます。
しばらく放って置くとOSが立ち上がって、1分くらい経過すると画像02の様に
ログイン画面が表示されます。デフォルトのユーザはGhostBSD User という
名称で、パスワードはghostbsd(そのまんま)です。これを画像03の様に入力して
「Log In」ボタンを押すと、画像04の様なデスクトップ画面が表示されます。

01    02    03    04

さて、次にインストールに進みます。画像04のデスクトップ画面上に
ちょっと見づらいかもしれませんが大きく「G」と表示されているアイコンが
見つかると思います。(アイコンの下に「GhostBSD Installer」と書かれています。)
このアイコンをクリックしますと、画像05の画面が表示されます。
どこのディスクにインストールするかをここで指定します。「▼」をクリックすると
マシンに繋がっているディスクの一覧が画像06の様に表示されます。
今回はSSDを選択して「forward」ボタンをクリックします。
「forward」というのは「次へ」という意味です、ハイ。

05    06    07

次は画像08の様にユーザアカウントの設定になります。
1段目がrootのパスワードの設定、2段目・3段目がroot以外の
ユーザの設定、4段目がそのユーザが使用するログインシェルを
設定します。
今回はserviceアカウントを設定して、ログインシェルはsh(/bin/sh)を
選択しました。
で、「forward」ボタンをクリックすると、画像10の様に今まで設定した
内容が表示されます。いよいよインストールが始まります。
設定した内容に問題が無ければ「Install」ボタンをクリックします。

08    09    10

すると画像11の様に上の方に緑のバーが動いてインストール処理が
進んでいきます。dokuo号で約20分かかりました。
パッケージ関係は画像12の様にファイルの一覧がずらずらっと表示
されていきます。処理が終わると画像13の様なダイヤログが出ますので
「Restart」ボタンをクリックしてマシンを再起動します。
(この時DVDドライブからインストールCDを取り出してください。USBメモリを
使ってのインストールならメモリを外してください。)

11    12    13

マシンが再起動してOSが起動すると画像14の様なログイン画面が表示されます。
先程設定したユーザ情報でログインすると、画像15の様なデスクトップ画面が
出てきます。
画面向かって左上にメニューが表示されていますが、各メニューをクリックすると
画像16〜画像19の様に表示されます。

14    15    16
17    18    19

えーと、お気づきだと思いますが、この時点では日本語表示になっていません。。。
次は日本語表示にする為の作業を説明しますが、その前にネットワーク設定を
ちょっと行ないます。dokuo号の繋がっているネットワークではDHCPを使っての
インターネット接続が出来ないのですよ・・・トホホ
DHCPを使ってインターネット接続できる環境だったら以下の操作は必要ないの
でしょうけど、ね。

では、ネットワーク設定をおこないます。
画像20の様に「System」>「Administration」>「Network」と選択します。
すると、画像21の画面が表示されます。
今回はオンボードNIC(em0)に固定IPを設定して、ゲートウェイとかDNSサーバの
設定も合わせて行ないます。
画像22の様にem0の行をマウスで選択して「Properties」ボタンをクリックします。

20    21    22

すると画像23の様なダイヤログの画面が出ますので、「Enable this connection」の
箇所をマウスでチェックを入れると、画像24の様に下の欄が入力可能状態になります。
ここではIPアドレスとネットマスク、ゲートウェイを入力し、「OK」ボタンを押します。
で画像25の様に「DNS」と書かれたタブをクリックして画面を出して、「Add」ボタンを
クリックすると画像26の様にDNSサーバのIPアドレスの入力ができますので、入力します。
(画面中に「8.8.8.8」、「8.8.4.4」の2行が出ていますが、これはgoogleさんのDNSです。)
あと、ホスト名も直したかったので画像27の様に「General」と書かれたタブをクリック
すると入力欄が表示されるので、「Host name」にw44と入力します。すると画像28の様な
メッセージが表示されますので「Change Host name」ボタンをクリックすると、下の欄
(Domain name)も入力できる様になります。
で、ここまできたら「Close」ボタンを押して設定画面から抜けます。

23    24    25
26    27    28

さてネットワークの設定が終わったら、一度マシンを再起動します。
再起動の方法は画像29の様に「System」>「Shut Down」と選択します。
すると画像30の様にダイヤログが表示されますので、「Restart」ボタンを
押すとマシンは再起動されます。
「Shut Down」ボタンを押すと電源が切れますので注意してください。
さて、マシンが再起動したら、ターミナルを使ってみましょう。
画像31の様に「Application」>「Root Terminal」を選択すると、画像32の様に
rootパスワードの入力を要求されます。
通常のターミナルだとこんな画面は出ません。今回はRoot Terminalを選択したので
こういう画面が出たのです。まあ、画像33の様にパスワードを入力して「OK」ボタンを
押すと、画像34の様にターミナルの画面が表示されます。
このターミナルはroot権限のコマンドが実行できます。
ちょっと画像35の様にunameコマンドを実行してみたら9.0-RELEASEと表示されました。
確かにこのGhostBSDはFreeBSD 9.0-RELEASEをベースに開発されているんですね。

29    30    31
32    33    34
35

このGhostBSDですがアプリケーションソフトをインストールするのがとても楽チンです。
Package Managerというのを使います。
呼び出し方は画像36の様に「Application」>「Package Manager」をクリックします。
すると、画像37の様にrootパスワードの入力要求の画面が表示されます。
なので画像38の様に入力後「OK」ボタンを押すと、画像39の画面が表示されます。
これがPackage Managerの操作画面になります。
操作画面の上段に「Reflesh Package List」と書かれたボタンがあります。(画像40)
これはボタンの下に表示されているアプリケーションリストの表示内容を更新するものです。
もう一つ操作画面の真ん中あたりにある「Update Package」ボタンです。(画像41)
これはマシンに収録されているパッケージのデータを最新にする為のボタンです。

36    37    38
39    40    41

試しに押してみると、画像42の様にFreeBSD本家のFTPサーバに対してパッケージの
一覧データ(Index)を取得しにいきました。で、結果としては画像43の様に
マシンにあるデータは最新だったよ。(Package us up to date. nothing to do!)
と言われました。
で、操作画面からインストール可能なパッケージはどんなのがあるのか見るには
画像44の様に「Available Packages」と書かれたタブをクリックすると出てきます。

42    43    44

マウスでスクロールすると、画像45の様に「Japanese」と書かれたアイコンが出てきます。
ここをクリックすると、各種フォントや日本語版のパッケージソフトが出てきます。
今回は日本語化の為に日本語フォントと日本語入力の為のフロントエンドを
インストールします。
そうです。まず最低でも日本語フォントを先に入れて置かないと切り替えた途端に
文字化けという悲しい事態
になります。気をつけましょう。
ではフロントエンドをインストールします。今回はja-scim-anthyをインストールします。
画像47の様にマウスで選択してから画像48の様に操作画面真ん中あたりに表示されている
「Fetch and Install」ボタンを押します。
すると画像49の様に子画面が表示されます。ここで表示されているのは関連するパッケージの
一覧です。画面の向かって左下にある「Start/Continue」ボタンをクリックすると
画像50の様インストールが始まります。
で、インストール作業が終わると画像51の様な表示になります。
続けてフォントのインストールを行ないます。ja-font-ipa-uigothicです。
インストールは画像52〜画像55までが一連の流れになります。
ここまで来たら、画像56の様に一度マシンを再起動します。

45    46    47
48    49    50
51    52    53
54    55    56

再起動してマシンが立ち上がったら、いよいよ日本語化の作業です。
といっても操作自体は簡単ですけどね。
まず、画像57の様にログイン画面が表示されますので画像58の様にクリックします。
(まだパスワードは入力しないでください。)
で、画面の下の方をよーく見ると、画像59の様に 「Unspecified [US-ASCII] 」
「USA」
と表示されているのを見つけてください。
これは言語(Language)がUS-ASCII、キーボード(Keyboard)がUSAの設定になっている事を
意味しています。
(画像60、61の様に該当箇所をマウスでかざすと出てきます。)

57    58    59
60    61

ここで画像62の様に「Unspecified [US-ASCII] 」の横の▼をマウスでクリックして、
「other」をクリックすると、画像63の様に言語の一覧が表示されます。
その中から「Japanese(Japan)」を選択(画像64&65)して「OK」をクリックします。
次に「USA」の横の▼をマウスでクリック(画像66)して「other」をクリックすると、
画像67の様にキーボードタイプの一覧が表示されます。
その中から「Japan」を選択(画像67〜69)して「OK」をクリックします。
そうすると最終的に画像70の様に
「Japanese(Japan)」
「Japan」
という表示になります。そこでパスワードを入力してログインします。

62    63    64
65    66    67
68    69    70
71

すると、さっきまで英語表示だったメニュー欄が画像72の様に日本語表示になっています。
日本語化が成功しました。
(この手順はFreeBSD + GNOMEの日本語化にも通じる方法です。)
ちなみに向かって右上隅に表示されていた時刻表示のところも画像73の様になります。
(メニュー表示も画像74〜76の様に日本語で出ます。判りやすくなりました。)
フロントエンド(SCIM)の設定も忘れずにやっておきましょう。
(詳細は解説しませんので、画像77〜83を見てください。)

72    73    74
75    76    77
78    79    80
81    82    83

設定がちゃんとされたかどうか、テキストエディタ(gedit)を使って確かめましょう
SCIMでは日本語入力の開始はCTRLキー+SPACEキーを押すと起動するように設定しました。
試しに画像85の様に押してみると、画像86の様に日本語フロントエンドが起動されました。
(辞書の能力は画像87〜89を見ていただくと判ります。しかし、「どくお」と入力して
変換されて出てきたのが「度九尾」って・・・)

84    85    86
87    88    89

本当はLXDE版でも日本語化が出来ればいいなあ、と思ったのですが、
どうやって日本語化すれば良いのか方法が判りません・・・・
そもそもFreeBSD+LXDEでの日本語化も試しにやってみたのですがうまくいかなくて
誰か「この方法でやると良いよ」というのを知っている人がいたら、ぜひ教えてください。

今回は拙い説明で申し訳なかったですけど、日本語でGhostBSDの説明を書いているのが
見当たらなかったので、ちょっと挑戦してみました。
慣れない事をしてはいけませんねえ・・・

さて、世の中的には来週ゴールデンウィークに突入ですが、暖かい天気になるのかなあ?
今日の札幌は雨模様の天候です。風も強いのでちょっと肌寒いです。
街中はもう雪は消えましたが、山肌にはまだ雪が残っています。
(今週末には溶けて消えるのかなあ?)

それでは、また!▲('A`)/

312日目に戻る。   314日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
Copyright (C) 1997-2013, BIG-server.com. All Rights Reserved.
レンタルサーバー BIG-server.com
Powered By Maido3.com